Rakuten infoseek

辞書

イスタクシワトル火山【いすたくしわとるかざん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

イスタクシワトル火山
いすたくしわとるかざん
Iztaccihuatl
メキシコの首都メキシコ市の南東約50キロメートルにある火山。別名イスタシワトル火山。標高5286メートル。オリサバ火山、ポポカテペトル火山につぐ同国第3位の高峰。噴火記録はない。3峰からなる山容が女性の寝姿に似ており、南にあるポポカテペトル火山が男の山なのに対し、女の山として信仰されてきた。山名はナワトル語で「白い女」を意味する。ポポカテペトル国立公園に属する。熱帯地方ながら四季雪を頂き、メキシコ、プエブラ両市周辺の沃野(よくや)を潤す。山麓(さんろく)はコーヒー、タバコ、綿花などの産地である。[諏訪 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イスタクシワトル火山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イスタクシワトル火山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.