Rakuten infoseek

辞書

イシュケウル国立公園【イシュケウルこくりつこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イシュケウル国立公園
イシュケウルこくりつこうえん
Ichkeul National Park
チュニジア北部,首都チュニスの北西約 60kmのイシュケウル湖一帯の湿地帯に広がる国立公園。面積 126km2。 1980年指定。かつては王家の私有地であった。ラムサール条約により保護されている湿原地帯は,ヒドリガモ,メジロガモ,ハイイロガンなどヨーロッパ大陸と北アフリカを渡る 25万羽もの鳥類が越冬する楽園となっている。またユーラシアカワウソ,タテガミヤマアラシなども生息する。 1980年世界遺産の自然遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシュケウル国立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イシュケウル国立公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.