Rakuten infoseek

辞書

イギリス経験論【イギリスけいけんろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イギリス経験論
イギリスけいけんろん
British empiricism
合理論と拮抗する形で 17~18世紀のイギリスに現れた哲学思潮。哲学史的分類としては,大陸合理論ドイツ観念論などに対して用いられる。すべての哲学概念の有効性を人間経験の裏づけから判断するもので,一般にロックを確立者とするが,淵源はすでにフランシス・ベーコンやアイザック・ニュートンにある。この説はロック以後バークリーヒュームおよびその後継者により展開された。その関心事は,(1) 観念起源,(2) 真実の可能性の探究にあった。ロックは当時の本有観念説に反対し,心は元来白紙 (→タブラ・ラサ ) で,その内容は感覚と反省から得られると説いた。この傾向は,「在るとは知覚されること (エッセ・エスト・ペルキピ ) 」であるとするバークリーの主観的観念論に展開され,さらには認識の形而上学的客観性を否定するヒュームの不可知論にいたった。このような人間の合理性の権利を主張する考えは,当時の市民社会形成の基盤ともなり,フランス革命を思想的に準備し,ドイツではカント哲学を生み出した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イギリスけいけんろん【イギリス経験論 British empiricism】
多くの場合,大陸合理論と呼ばれる思想潮流との対照において用いられる哲学史上の用語。通常は,とくにロックG.バークリーD.ヒュームの3人によって展開されたイギリス哲学の主流的傾向をさすものと理解されている。通説としてのイギリス経験論のこうした系譜を初めて定式化したのは,いわゆる常識哲学の主導者T.リードの《コモン・センスの諸原理に基づく人間精神の探究》(1764)とされているが,それを,近代哲学史の基本的な構図の中に定着させたのは,19世紀後半以降のドイツの哲学史家,とりわけ新カント学派に属する哲学史家たちであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

イギリスけいけんろん【イギリス経験論】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イギリス‐けいけんろん【イギリス経験論】
〘名〙 (British empricism の訳語) 一七世紀から一八世紀にかけて、イギリスで栄えた哲学。代表者はF=ベーコン、ロック、バークリー、ヒューム。いっさいの観念は経験(感覚)から生ずることを主張して、合理論の唱える生得観念の説に反対した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イギリス‐けいけんろん【イギリス経験論】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イギリス経験論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イギリス経験論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.