Rakuten infoseek

辞書

イオニア海【イオニアかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イオニア海
イオニアかい
Ionian Sea
古代名マーレイオニウム Mare Ionium。ギリシアとイタリア半島の先端およびシチリア島の間にある地中海の一部。オトラント海峡アドリア海に通じ,メッシナ海峡チレニア海に通じている。主要港はギリシアのパトレ,イタリアのタラントカタニアシラクーザなどで,タラントには海軍基地がある。イオニア諸島はギリシア西岸沖にある。またイオニア海岸にはパトレ,コリントアルタ,タラント,スクイラチェの各湾がある。ギリシアのテナロン岬西方のイオニア海盆で水深 5005mが測定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イオニア‐かい【イオニア海】
Ionian Sea》イタリア半島南部およびシチリア島とギリシャとに囲まれた海域。地中海の一部。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イオニアかい【イオニア海 Ionian Sea】
地中海のほぼ中央部を占める海域。西はイタリア南部ターラント湾およびカラブリア地方とシチリア島の東海岸,東はギリシア西海岸に区切られ,北のアドリア海および西のティレニア海とはそれぞれオトラント海峡,メッシナ海峡によって通じている。南は大きく開けており,明確な境界がない。海底起伏に富み一般に深く(2000~3000m),ギリシアのペロポネソス半島付近では5000mを超えており,地中海全域を通じての最大深度である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

イオニアかい【イオニア海】
地中海中部、東をギリシャ、西をイタリア半島南端部とシチリア島に囲まれた海域。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イオニア海
いおにあかい
Inion Pelagos
地中海中部の海域。東はバルカン半島南西部、西はシチリア島とカラブリア半島に接し、北はオトラント海峡によりアドリア海に通じる。英語名Ionian Sea。古称マレ・イオニウムMare Ionium(ラテン語)。古代ギリシア人はこの海をシチリア海とよび、イオニア海という呼称は、ローマによる征服ののち一般化した。南下するにしたがって水深が増し、最深部はペロポネソス半島南の4594メートル。海域東部のギリシア本土西岸沿いにイオニア諸島が並び、比較的雨量の多いこの地域では果樹栽培が盛んで、オリーブやぶどう酒が輸出される。古来、この海域は地中海の東西交通において重要な意味をもち、とくにケルキラ島コルフ島)からオトラント海峡を横断してイタリア南岸に達する航路は、紀元前8世紀なかばに始まるギリシア人の植民運動にしばしば利用された。[真下とも子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イオニア‐かい【イオニア海】
イタリア南部のカラブリア半島、シチリア島とギリシアとの間の海。地中海の一部で古代から中央アジアとギリシア方面を結ぶ要路。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオニア海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イオニア海の関連情報

関連キーワード

神経伝達水素化物イオン海洋の自由太平洋リチウムイオン電池LILカルボカチオンブラティアヌイオン水のイオン積

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.