Rakuten infoseek

辞書

イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会【イェリングふんぼぐん、ルーンもじせきひぐんときょうかい】

世界遺産詳解

イェリングふんぼぐん、ルーンもじせきひぐんときょうかい【イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会】
1994年に登録されたデンマークの世界遺産(文化遺産)。イェリングはユトランド半島中部に位置する。イェリング墳墓群には10世紀に建てられた石碑があり、バイキングの文字とされるルーン文字が刻まれ、国の起源を示す貴重な歴史資料となっている。高さ1.4mの「ゴームの石碑」にはデンマーク最初の王、ゴーム王について記されていて、卓越した航海技術を持ったバイキングだったと推定されている。また、高さ2.4mの「ハーラルの石碑」にはゴーム王の息子、ハーラル王の功績が記されていて、デンマークとノルウェーを征服したデーン人の英雄であり、父が拒否したキリスト教を受け入れた改革者だったと書かれている。イェリングは王宮が建設された場所でもあり、現存する墳丘はデンマーク最大である。デンマーク王国の発祥を示す貴重な遺跡であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はJellings Mounds, Runic Stones and Church

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会の関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門クエンティン タランティーノ平山郁夫[各個指定]工芸技術部門トム ハンクスマーティン ランドー英仏海峡トンネルアンネの日記藤本義一コス

他サービスで検索

「イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.