Rakuten infoseek

辞書

イ(藺)【イ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イ(藺)

Juncus effusus var. decipiens; rush
イグサ科の多年草で北半球の温帯に分布する。湿地に生え,横に伸びる地下茎から針金状の茎を密生し,高さ 1mにも達する。先端に球状の花穂をつけ,円柱形の鞘状の包葉が花穂の先に長く伸びるため,花茎の途中に花穂をつけるようにみえる。葉は退化して褐色の鞘状となり,花茎の基部につく。水田に栽培し,1.5mぐらいになったものを刈取って乾燥し,畳表や花むしろなどの敷物を編むのに用いる。北海道から九州,沖縄まで広範囲に栽培されるが,中国地方,特に岡山,広島両県と熊本県が産額が多い。昔,灯心に用いられたのでトウシンソウ (灯心草) の別名があり,またイグサともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

い【イ(藺)】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

イ(藺)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イ(藺)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.