Rakuten infoseek

辞書

アーロン ピアソル

最新 世界スポーツ人名事典

アーロン ピアソル
Aaron Peirsol
水泳
水泳選手(背泳ぎ) 北京五輪金メダリスト
生年月日:1983年7月23日
国籍:米国
出生地:カリフォルニア州アーバイン
経歴:2000年17歳で出場したシドニー五輪で200メートル背泳銀メダル。2001年世界選手権福岡大会200メートル背泳ぎで金メダル。2003年世界選手権バルセロナ大会は100メートル、200メートル背泳ぎ、4×100メートルメドレーリレーで3冠。4×200メートルリレーで銀メダル。2004年米国五輪選考会200メートル背泳ぎで自己記録を更新し、1分54秒74の世界記録をマーク。同年アテネ五輪では100メートル、200メートル背泳ぎ、4×100メートルメドレーリレーで3冠。2005年世界選手権モントリオール大会も100メートル、200メートル背泳ぎ、4×100メートルメドレーリレーで3冠を達成し、200メートル背泳ぎは3連覇。2007年世界選手権メルボルン大会は100メートル背泳ぎ3連覇、200メートル背泳ぎは銀メダル。2008年北京五輪200メートル背泳ぎは銀メダルだったが、100メートル背泳ぎ、4×100メートルメドレーリレーで2冠。2009年全米選手権100メートル背泳ぎで史上初めて52秒台を突破する51秒94の世界記録を出し、200メートル背泳ぎも1分53秒08の世界記録で優勝。世界選手権ローマ大会200メートル背泳ぎでは日本の入江陵介らを抑え、直前に出した世界記録を塗り替える1分51秒92で4回目の優勝を飾り、4×100メートルメドレーリレーでも金メダル。2011年2月精神的な限界により引退を決める。現在も100メートルと200メートル背泳ぎの世界記録保持者。

出典:日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

アーロン ピアソル
Aaron Peirsol
職業・肩書
元水泳選手(背泳ぎ) アテネ五輪・北京五輪競泳男子100メートル背泳ぎ金メダリスト

国籍
米国

生年月日
1983年7月23日

出生地
カリフォルニア州アーバイン

経歴
2000年17歳で出場したシドニー五輪で200メートル背泳ぎ銀メダル。2001年世界選手権福岡大会200メートル背泳ぎで金メダル。2003年世界選手権バルセロナ大会は100メートル、200メートル背泳ぎ、4×100メートルメドレーリレーで3冠。4×200メートルリレーで銀メダル。2004年米国五輪選考会200メートル背泳ぎで自己記録を更新し、1分54秒74の世界記録をマーク。同年アテネ五輪では100メートル、200メートル背泳ぎ、4×100メートルメドレーリレーで3冠。2005年世界選手権モントリオール大会も100メートル、200メートル背泳ぎ、4×100メートルメドレーリレーで3冠を達成し、200メートル背泳ぎは3連覇。2007年世界選手権メルボルン大会は100メートル背泳ぎ3連覇、200メートル背泳ぎは銀メダル。2008年北京五輪200メートル背泳ぎは銀メダルだったが、100メートル背泳ぎ、4×100メートルメドレーリレーで2冠。2009年全米選手権100メートル背泳ぎで史上初めて52秒台を突破する51秒94の世界記録を出し、200メートル背泳ぎも1分53秒08の世界記録で優勝。世界選手権ローマ大会200メートル背泳ぎでは日本の入江陵介らを抑え、直前に出した世界記録を塗り替える1分51秒92で4回目の優勝を飾り、4×100メートルメドレーリレーでも金メダル。2011年2月精神的な限界により引退を決める。現在も100メートルと200メートル背泳ぎの世界記録保持者。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーロン ピアソル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アーロン ピアソルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.