Rakuten infoseek

辞書

アービラの旧市街と城壁外の教会群【アービラのきゅうしがいとじょうへきがいのきょうかいぐん】

世界遺産詳解

アービラのきゅうしがいとじょうへきがいのきょうかいぐん【アービラの旧市街と城壁外の教会群】
1985年に登録、2007年に登録内容が変更された世界遺産(文化遺産)。アービラは、スペインの首都マドリードの西北にあるカスティーリャ=イ=レオン自治州アービラ県の県都で、中世の面影を色濃く残す要塞都市である。この町は88の堡塔(ほとう)を持つ全長2.5km、高さ12m、厚さ3mの花崗岩で造られた防壁に囲まれている。この城壁は11世紀末のレコンキスタ進展期、イスラム教徒の攻撃から町を守るために建設されたものである。この町には司教座が置かれ、いくつもの教会・聖堂が建設された。ゴシック様式の大聖堂は要塞のような堅牢な外見を持つ建物で、現存する建物は13世紀から14世紀にかけての建築と推定されている。城壁外の教会は、その大部分が15世紀に建設されたロマネスク様式の建造物である。◇英名はOld Town of Ávila with its Extra-Muros Churches

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アービラの旧市街と城壁外の教会群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アービラの旧市街と城壁外の教会群の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録登録記念物アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧

他サービスで検索

「アービラの旧市街と城壁外の教会群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.