Rakuten infoseek

辞書

アーバック則

法則の辞典

アーバック則【Urbach rule】
半導体の吸収端近くの波長の光線を照射したとき,このときの光吸収量は波長の逆数指数関数に比例して増加する.つまり吸収量はexp(hn/kt)(ここで n波数(=波長の逆数)である)に比例することになる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーバック則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アーバック則の関連情報

他サービスで検索

「アーバック則」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.