Rakuten infoseek

辞書

アーノルド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アーノルド
Arnold, Benedict
[生]1741.1.14. ノルウィッチ
[没]1801.6.14. ロンドン
アメリカ独立革命期の軍人。准将。緒戦のタイコンデロガの攻撃に参加。カナダ遠征軍を指揮。 1777年サラトガの戦いで戦功を立てたが,79年イギリス側に寝返ったため,彼の名は裏切者の代名詞となった。 81年イギリスに行き,そこで余生をおくった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーノルド
Arnold, Sir Edwin
[生]1832.6.10. ケント,グレーブズエンド
[没]1904.3.24. ロンドン
イギリスの詩人ジャーナリスト。インドのデカン大学の学長をつとめ,帰国後『デーリー・テレグラフ』紙の編集者。仏陀を主題とする詩『アジアの光』 The Light of Asia (1879) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーノルド
Arnold, Henry Harley
[生]1886.6.25. ペンシルバニア,グラドウィン
[没]1950.1.15. カリフォルニア,ソノマ
アメリカの陸・空軍軍人。 O.ライトから航空術の訓練を受け,第1次世界大戦中は陸軍航空隊の将校となった。その後独立した空軍の必要を力説。第2次世界大戦中,アメリカ陸軍航空隊司令官。 1944年に陸軍元帥。 47年に念願の空軍が新設されると最初の空軍元帥となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーノルド
Arnold, Sir Malcolm Henry
[生]1921.10.21. ノーサンプトン
[没]2006.9.23. ノリッジ
イギリスの作曲家,指揮者,トランペット奏者。 1941~44年イギリス王立音楽大学で学ぶ。 1945~48年ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席トランペット奏者を務めた。メンデルスゾーン賞を受賞後,イタリアに留学して作曲と指揮法を学んだ。交響曲,協奏曲,オペラ,バレエ音楽など多くの作品を作曲した。また,映画音楽の分野でも活躍し,『戦場にかける橋』 Bridge on the River Kwai (1957) でアカデミー作曲賞を受賞した。 1970年大英帝国三等勲功章 CBEを受章,1993年ナイトに叙された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーノルド
Arnold, Matthew
[生]1822.12.24. ミドルセックス,レールハム
[没]1888.4.15. リバプール
イギリスの詩人,批評家。長年視学官 (1851~83) をつとめ,またオックスフォード大学の詩学教授 (57~67) として盛名をはせた。処女詩集『迷える浮かれ者』 The Strayed Reveller,and other Poems,by A. (49) 以来,スイスを舞台にした一連の悲恋の詩をはじめ,『エトナ山上のエンペドクレス』 Empedocles on Etna,and other Poems (52) ,『学者ジプシー』 The Scholar-Gypsy (53) などの詩において,現実と理想の間に引裂かれた心を独特のペーソスをもって歌ったが,1860年代からは批評家としての活動に主力を注ぎ,『批評論集』 Essays in Criticism (2巻,65,88) に代表される文芸批評と『教養と無秩序』 Culture and Anarchy (69) ,『文学とドグマ』 Literature and Dogma (73) にみられる「教養の使徒」としての文明批評を広い視野のもとに行い,今日の総合的批評の先駆者となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーノルド
Arnold, Thomas
[生]1795.6.13. イーストカウズ
[没]1842.6.12. ウォリックシャー,ラグビー
ラグビー校の有名校長。イギリスのパブリック・スクールに甚大な影響を与えた教育家。詩人・批評家 M.アーノルドの父。オックスフォード大学コルプス・クリスティ・カレッジで学び,1815年同大学オリエル・カレッジのフェローに選任された。 28年ラグビー校の校長に就任,紳士教育の学校に改革し,超一流の水準に引上げた。その主眼は,年長生が年少生を指導するいわゆるプリーフェクト制度にあり,その後この制度はイギリスの大部分中等学校に導入された。彼の死後に新設されたパブリック・スクールには,ラグビー校をモデルにしたものが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーノルド
Arnold, Vladimir Igorevich
[生]1937.6.12. ウクライナ=ソビエト社会主義共和国,オデッサ
[没]2010.6.3. フランス,パリ
ソビエト連邦の数学者。力学系,特異点理論(→特異点)など幅広い分野で重要な業績をあげた。モスクワ大学でアンドレイ・N.コルモゴロフのもとで学び,1961年に博士号を取得。1965年モスクワ大学教授に就任した。学部学生のときにダービト・ヒルベルトの第13問題を解決し,1963年にはニュートン力学三体問題に関するコルモゴロフの定理の厳密な証明を与えた。特異点理論の発展に大きく貢献し,また,カオス理論にも寄与した。カオス理論とは,微分方程式などで定まる系において,ランダムなふるまいをする解を記述する理論である。1986年にモスクワのステクロフ数学研究所に異動し,1993年からはパリ大学ドーフィン校にも勤務した。2001年にウルフ賞,2008年にショウ賞(邵逸夫賞)を受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーノルド
Arnold, Eve
[生]1912.4.21. アメリカ合衆国,ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]2012.1.4. イギリス,ロンドン
アメリカ合衆国生まれの報道写真家。映画の撮影現場でのスターの素顔をとらえた写真で知られ,特にマリリン・モンローの写真で有名。ニューヨークで写真を学び,1951年からフリーランスの写真家として写真家集団マグナム・フォトに参加,1957年に正会員ブラック・ムスリムや女性による政治運動から小さな街の人々の生活など,その作品は多岐にわたる。『ライフ』Lifeや『ルック』Lookなどの写真誌にも作品を発表した。1961年からはイギリスに住まいを移して活動し,世界中を旅しておびただしい数の写真を撮った。中国を撮影した写真集『イン・チャイナ』In China(1980)で全米図書賞受賞。1980年アメリカ雑誌写真家協会功労賞を受賞,1995年国際写真センター ICPからマスター・フォトグラファーの称号を得た。2003年大英帝国四等勲功章 OBEを授与された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アーノルド(Arnold)
(Thomas~)[1795~1842]英国の教育家。古典学偏重を廃し、数学や近代語導入などの教育改革を行った。
(Matthew~)[1822~1888]英国の詩人。批評家。の長男。主著「批評論集」「教養と無秩序」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

アーノルド Arnold, Sir Edwin
1832-1904 イギリスの詩人,ジャーナリスト。
1832年6月10日生まれ。インドのデカン大校長,「デーリー-テレグラフ」主筆などをつとめる。明治22年(1889)特派員として来日。各地で講演し,黒川マツと結婚。詩で東洋の生活や思想を紹介。1904年3月24日死去。71歳。オックスフォード大卒。作品に叙事詩亜細亜(アジア)の光」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

アーノルド【John Oliver Arnold】
1858‐1930
金属組織学開拓期のイギリスの冶金学者。はじめシェフィールド工業学校の,ついで大学となった同校の教授。元来は鉄鋼分析化学が専門で,合金鋼中の炭化物(Fe,Ni)3Cや(Fe,Co)3Cの組成を決定した。金属の顕微鏡組織観察法を創始したH.C.ソルビーの晩年の弟子で,鉄鋼の顕微鏡組織をとくに研究した。有名になったのは,ロバーツ・オーステンWilliam Chandler Roberts‐Austenの合金理論,F.オスモンの鋼焼入硬化理論にそれぞれ敵対する鋭い論陣を張ったことによる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アーノルド【Matthew Arnold】
1822‐88
イギリスの詩人,文芸評論家,社会批評家。ラグビー校校長トマス・アーノルドの長男。ウィンチェスター・カレッジ,ラグビー校を経てオックスフォード大学ベーリオル・カレッジ入学(1841),オーリエル・カレッジのフェロー(1845)。ランズダウン卿秘書(1847)となり,その縁で教育視学官(1851‐86)に就任,詩人ならびに批評家として活躍する。詩人としては,《さ迷える夢想家その他の詩》(1849),《エトナ山上のエンペドクレスその他の詩》(1852)を匿名出版したあと,《詩集》(1853)を初めて実名で出版,《メロウピー》(1858),《新詩集》(1867)と続く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アーノルド【Thomas Arnold】
1795‐1842
イギリスの教育家。名門ラグビー校の校長として荒廃の極にあった同校の校風を刷新し,パブリック・スクールの改革を促した。南部海岸ワイト島のカウズに生まれ,ウィンチェスター校からオックスフォード大学コーパス・クリスティ・カレッジを卒業。オーリエル・カレッジのフェロー,寒村レールハムでの牧師補や私立予備校の教師を務めた後,1828年から42年に急死するまでラグビー校の校長として在職。その間ロンドン大学の評議員(1836‐38),オックスフォード大学近世史教授(1841‐42)を務めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アーノルド【Arnold】
〔Edwin A.〕 (1832~1904) イギリスの詩人。釈迦の生涯・教義を長編無韻詩「アジアの光」に著した。
〔Matthew A.〕 (1822~1888) イギリスの詩人・批評家。文明批評にまで発展させた「教養と無秩序」のほか、「批評論集」などの著がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーノルド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アーノルドの関連情報

関連キーワード

寛保グルックラ=ペルーズ堀江六之丞エリザベータ・ペトロブナ絵島・生島事件ヘンデルのメサイアウードン江島絵本番付

他サービスで検索

「アーノルド」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.