Rakuten infoseek

辞書

アート紙【アートし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アート紙
アートし
art paper
表面に加工を施した美麗な紙。薄い原紙にカオリン,サチンホワイトなどの白色顔料を,カゼインゼラチン,加工デンプン,合成ゴムなどの接着剤で薄く塗りつけ,乾燥させたあとカレンダで光沢をつけたもの。表面がきわめて緻密でなめらかなので,ポスター,カレンダー,書籍など高級印刷用に使われてきたが,最近は用途が拡大している。また,落ち着いた印刷効果を出すためつや消しにしたものもつくられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アート‐し【アート紙】
紙面に鉱物性白色顔料を塗り、滑らかさとつやを出した印刷用紙。高品質の写真版印刷などに用いられる。アートペーパー。→コート紙光沢紙半光沢紙マット紙

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アートし【アート紙 art paper】
印刷用紙のうち,表面に白色顔料を塗布して印刷適性を高めた塗工紙coated paperの一種。上質紙を原紙として塗工液を片面に20g/m2前後塗布した高級紙で,豪華な美術本,高級パンフレット類,週刊誌の表紙,ラベルなどに使用される。塗工液は顔料,接着剤,補助薬品(分散剤や耐水化剤)がほぼ100:20:5の割合から成り,顔料は粒径1~2μmのクレー,炭酸カルシウム,二酸化チタン,サチンホワイト(硫酸アルミニウム石灰乳からつくられる白色顔料)など高白色で不透明のものが用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アートし【アート紙】
印刷用紙の一種。鉱物性の白色顔料と接着剤などを混ぜた塗料を塗り、光沢機にかけて滑らかで緻密な紙面にした洋紙。再現性がよく、写真版印刷などに広く用いる。アート-ペーパー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アート紙
あーとし
art paper
カオリンなどの鉱物性顔料とカゼインまたは合成接着剤などとを混合して濃厚な塗布液をつくり、これを原紙の表面に塗布して乾燥し、スーパーカレンダー(光沢機の一種)などで光沢をつけた高級なコーテッドペーパー(塗被紙)。原紙としては上質紙を用い、一般のコーテッドペーパーに比べ厚めに塗布を行うなどにより高度の印刷性をもたせる。片面に塗布したもの、両面に塗布したもの、つや消し仕上げを行ったものなどがある。写真版、原色版などの高級網版(あみはん)印刷に多く用いられる。[御田昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アート紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アート紙の関連情報

他サービスで検索

「アート紙」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.