Rakuten infoseek

辞書

アージービカ教【アージービカきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アージービカ教
アージービカきょう
Ājīvika; Ājīvaka
インドの六師外道の一人ゴーサーラの属していた宗教。漢訳仏典では邪命外道と訳しているが,元来は,「生活法に関する規定を厳密に遵奉する者」の意味。ゴーサーラは,生き物を構成している要素として,霊魂,地,水,火,風,虚空,得,失,苦,楽,生,死の 12種を考えた。霊魂は物質のように考えられ,諸元素のみならず動物,植物などにも存在するとする。一切の生き物が輪廻に流されているのは無因無縁であり,それらが清浄となり解脱するのも無因無縁である。それらには自由意志というものがなく,運命,状況,本性に支配されて,無限に長い時間に愚者も賢者も流転し苦の終りにいたる。その間,修行によって解脱することは不可能である。彼は以上のような決定論を説き,バラモン教の権威を否定した。アージービカ教はマウリヤ朝頃まではかなり有力であったが,その後ジャイナ教に吸収された。しかし,南インドのタミル地方ではアージービカ教が存続していたことが 1294年の碑文から推定される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アージービカきょう【アージービカ教 Ājīvika】
仏陀の時代に仏教,ジャイナ教と並ぶほど有力だった裸形托鉢教団の宗教。六師外道の一人であるマッカリ・ゴーサーラを主導者とする。〈アージービカ〉という名称は,他教団からの貶称として用いられる時には,〈生活の糧を得るために修行する者〉の意となり,漢訳仏典では〈邪命外道〉と訳されている。典籍は現存せず,仏典やジャイナ教典の中に引用された断片から,教説や活動の一部が知られるのみである。人間の意志にもとづく行為を否定したゴーサーラの徹底的な宿命論は,仏陀によって厳しく批判された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アージービカきょう【アージービカ教】
古代インドの宗教教団の一。六師外道ろくしげどうの一人マッカリ=ゴーサーラが代表者で、仏教・ジャイナ教と並ぶ勢力があった。徹底した宿命論を説く。邪命外道じやみようげどう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アージービカ教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アージービカ教の関連情報

他サービスで検索

「アージービカ教」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.