Rakuten infoseek

辞書

アーク加熱【アークかねつ】

大辞林 第三版

アークかねつ【アーク加熱】
アーク放電の際に発生する熱で加熱すること。制御が容易で清浄な高温状態を作り得る。溶接(アーク溶接)や電気炉(アーク炉)などに利用する。被加熱物(母材)を一方の電極とすることが多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アークかねつ【アーク加熱 arc heating】
アーク放電の熱を利用する電気加熱の一方式。アークは電極間が電子とイオンのプラズマからなるアーク柱(陽光柱)で結ばれた放電現象で,陰極点,陽極点およびアーク柱は3000~6000Kの高温になっている。この熱を利用するのに,(1)アーク電流が被熱物中を流れる直接アーク加熱,(2)アーク電流が被熱物中を流れず,放射によってアーク熱が被熱物に伝えられる間接アーク加熱の2方式がある。(1)には空中窒素固定用のシェーンヘル炉(アーク柱自身が被熱物),製鋼用アーク炉アーク溶接(ともに被熱物が一方の電極となる)があり,(2)には銅合金溶解用の揺動アーク炉などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アーク加熱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アーク加熱の関連情報

他サービスで検索

「アーク加熱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.