Rakuten infoseek

辞書

アーキタイプ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アーキタイプ
archetype
原型。ある民族ないし人種が同様の経験を反復するうちに,一定の精神的反応を示すようになり,特有の集団的無意識をもつにいたる。その具体化がアーキタイプで,神話や伝説に顕著である。文化人類学者やユングのような心理学者にとっては重要な概念だが,N.フライらの批評家によって文学研究にも利用され,作品の根源を解明する手段となる。文学用語としては,各時代の作品に共通する発想の基本となったものをさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アーキタイプ【archetype】
元型
祖型

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーキタイプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アーキタイプの関連情報

他サービスで検索

「アーキタイプ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.