Rakuten infoseek

辞書

アヴラミの式

法則の辞典

アヴラミの式【Avrami's equation】
もともと一定温度条件下における金属の相変化過程を記述するために提案された式であるが,過冷却状態にある高分子物質が結晶(球晶など)を生成する場合にもよく適合する.無定型層の体積分率を a としたとき

a=exp(-ktm

のようになる.ここで k を結晶化の速度定数,m をアヴラミの指数という.アヴラミの指数は結晶成長の様式と結晶成長の次元によって1 ~ 4の値をとる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アヴラミの式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アヴラミの式の関連情報

他サービスで検索

「アヴラミの式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.