Rakuten infoseek

辞書

アヴィニヨン

世界遺産情報

アヴィニヨン
フランス南東部のローヌ河岸に位置する商業都市。フランス王とローマ法王庁の対立により、1309年教皇クレメンス5世がアヴィニヨンに滞在することになった歴史的に有名な「アヴィニヨン捕囚」の舞台です。事実上「キリスト教界の首都」となったアヴィニヨンには法王庁宮殿や現在はプティ・パレ美術館として利用されている大司教館など当時の建築が残されており、1995年にはアヴィニヨン歴史地区として世界遺産に登録されました。また、毎年夏には国際的な演劇祭が開催され、地方都市の文化活動としての模範となっています。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

アヴィニヨン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アヴィニヨンの関連情報

他サービスで検索

「アヴィニヨン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.