Rakuten infoseek

辞書

アンブヒマンガの丘の王領地【アンブヒマンガのおかのおうりょうち】

世界遺産詳解

アンブヒマンガのおかのおうりょうち【アンブヒマンガの丘の王領地】
2001年に登録されたマダガスカルの世界遺産(文化遺産)で、首都アンタナナリボの北東に位置する。メリナ王国が最初にマダガスカルを統一した場所である。現在は歴史博物館として公開されている。7つの石門があり、内部にはマダガスカルを統一したアンドリアナンブイニメリナ王の王宮跡が残っている。これらが人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はRoyal Hill of Ambohimanga。アンブヒマンガはマダガスカル語で、「青く美しい丘」の意。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンブヒマンガの丘の王領地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンブヒマンガの丘の王領地の関連情報

関連キーワード

アトリエ・ワン危機藤本義一みかんぐみ西沢立衛ハディド奈良美智黒沢清[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

「アンブヒマンガの丘の王領地」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.