Rakuten infoseek

辞書

アンバー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンバー
不変鋼」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンバー(amber)
琥珀(こはく)。また、琥珀色

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンバー(〈フランス〉invar)
鉄64パーセント、ニッケル36パーセント、微量マンガンを含む合金熱膨張率が非常に小さいので、バイメタルなどに使用。インバール

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンバー(umber)
褐色の天然鉱物顔料。また、その色。二酸化マンガン珪酸塩(けいさんえん)などを含む水酸化鉄で、塗料絵の具原料とする。ウンブラ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

アンバー
緑褐色黄土色の粘土で,イタリアのウンブリア(Umbria)地方に産出する.これは耐久性のある塗料の顔料として使用される.酸化マンガン水和した酸化鉄珪酸アルミナ石灰からできている.天然の状態で緑色とするか,焼いて赤茶色の顔料として使われる[Woodward : 1729].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色名がわかる辞典

アンバー【amber】
色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだみの」としている。一般に、琥珀こはくのような黄色みを帯びた茶色のこと。アンバーとは琥珀の意味。和名にも琥珀色がある。JISの色彩規格による文章表現ではともに「くすんだ赤みの黄」としているが、色を数値で表した場合はアンバーよりもわずかに赤みが強い。琥珀は地質時代のマツ科植物の樹脂が化石化した鉱物で、半透明の固体。古代から宝石として飾りに用いられた。またアンバーは同色の顔料の名称でもある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あんばー【アンバー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アンバー【amber】
琥珀こはく。また、琥珀色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンバー【invar】
鉄64パーセント、ニッケル36パーセント、および微量のマンガン・炭素を含む合金。熱膨張係数が非常に小さいため、精密測尺器や時計の天府てんぷなどに利用。インバール。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンバー【umber】
褐色の天然鉱物顔料。絵の具・塗料などの原料となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンバー
あんばー
invar
鉄とニッケル(約36%)が主体の合金。インバールまたはインバーともいう。室温付近での熱膨張がきわめて少なく、その線熱膨張係数は鉄の約10分の1であり、1℃の温度変化があっても、長さ1メートルのアンバーは1マイクロメートルしか変化しない。少量のコバルトなどを含む超アンバーでは、線熱膨張係数はさらにこの10分の1程度である。1897年フランスの物理学者ギヨームによって発見され、この発見と応用により彼は1920年ノーベル物理学賞を受けた。「アンバー」は彼の命名による。これらの合金の磁気的性質には種々特異な現象がみられる。これらの合金は、精密な物差し、機械時計の振り子、バイメタルの低膨張側などに用いられている。かつての国際メートル原器はこの合金でつくられていた。[及川 洪]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンバー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンバーの関連情報

他サービスで検索

「アンバー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.