Rakuten infoseek

辞書

アンニュイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンニュイ
ennui(仏)
倦怠 (けんたい) 感。退屈。世紀末的風潮から生まれた一種の病的な気分。文学的には,生活への興味を喪失したことからくる精神的倦怠感をいう。自意識の過剰,生の空虚の自覚,あるいは常識に対する反抗的気分などが含まれる。フランス近代の小説・詩,C.-P.ボードレール,P.ベルレーヌ,A.ランボーなどの作品にその典型を見いだす。日本では佐藤春夫の『田園の憂鬱』 (1917~19年) にこの気分が流れている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンニュイ(〈フランス〉ennui)
[名・形動]ものうい感じであること。また、そのさま。倦怠(けんたい)。「アンニュイ午後

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アンニュイ【ennui】
退屈。倦怠けんたい感。 「人生の-」
一九世紀末のヨーロッパ文学にみられる憂鬱な感じ。
ものうげなさま。けだるいさま。憂鬱なさま。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アンニュイ
〘名〙 (ennui) 意欲を失い、もの憂(う)い精神状態。一九世紀末のヨーロッパを風靡(ふうび)したデカダンス文学の底流をなす。倦怠(けんたい)。倦怠感。退屈。無聊(ぶりょう)
※それから(1909)〈夏目漱石〉八「仕舞(しまひ)にアンニュイを感じ出した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンニュイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンニュイの関連情報

他サービスで検索

「アンニュイ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.