Rakuten infoseek

辞書

アンドロマック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンドロマック
Andromaque
フランスの劇作家 J.ラシーヌの韻文悲劇。5幕。 1667年宮廷で初演トロイの勇士エクトルの寡婦アンドロマック,彼女を捕虜とし結婚を求めるエピール王,王を愛するエルミオーヌ,その彼女を慕うオレストの4人の関係のなかで,アンドロマックの苦悩や,殺人や狂気を生むにいたる人間の情熱の激しさが,美しい韻律に乗せて描かれている。宿命的悲劇のなかで緊密な心理劇を構成しており,P.コルネイユに比肩する劇作家としてのラシーヌの名声を確立した作品。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンドロマック【Andromaque】
フランスの劇作家ラシーヌの五幕韻文悲劇。1667年11月,ブルゴーニュ座初演。ウェルギリウス《アエネーイス》の〈夫の墓に祈るアンドロマケ〉の段を典拠とするトロイア戦争の後日譚。アキレウスの子ピリュスは,父の倒したヘクトルの妻アンドロマックに恋をし,結婚か,さもなくばヘクトルの忘れ形見アスチアナクスの死か,と脅迫する。ピリュスが顧みようとしない婚約者エルミオーヌ(ヘレネの娘),彼女を慕うオレスト(アガメムノンの息子)がギリシアの大使としてアスチアナクス殺害を要求しに来る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンドロマック
あんどろまっく
Andromaque
フランスの劇詩人ラシーヌの韻文悲劇。5幕。1667年初演。ギリシア神話に取材し、トロイ滅亡の数年後、トロイの英雄エクトールの未亡人アンドロマックと遺児とを捕虜(ほりょ)にしているエピール王ピリスの宮殿が舞台。ピリスはスパルタのエルミオーヌ王女と婚約していながらアンドロマックを恋し、遺児の生命を求めるギリシアの使者オレスト王子はエルミオーヌに恋している。アンドロマックは亡夫への貞節と遺児の安全を両立させるため、死ぬ覚悟でピリス王の求婚に応じるが、嫉妬(しっと)に狂ったエルミオーヌはオレストに王を殺害させて自殺し、オレストも気が狂い、王妃となったアンドロマックは貞操と遺児を守り通す。
 主題が一貫し、事件は1日に集中して、筋・時・所の単一を旨とするいわゆる三一致(さんいっち)の法則を守り、3000語たらずの日常的語彙(ごい)でつづった美しい韻文に、恋愛情念の諸相を通じて人間の宿命を描ききっている。コルネイユの『ル・シッド』で築かれた古典悲劇を心理劇として完成した傑作である。[岩瀬 孝]
『渡辺守章訳『ラシーヌ戯曲全集 1 アンドロマック』(1964・人文書院) ▽内藤濯訳『アンドロマク』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンドロマック(〈フランス〉Andromaque)
ラシーヌによる悲劇。1667年発表。5幕韻文。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンドロマック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンドロマックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.