Rakuten infoseek

辞書

アンドロイド【あんどろいど】

知恵蔵

アンドロイド
Android」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

アンドロイド
⇨Android

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

アンドロイド(android)
SFなどに登場する、高い知性をもつ人間型ロボットヒューマノイド
(Android)2007年に米国グーグル社が発表した、スマートホンタブレット型端末向けの実行環境。オペレーティングシステムのほか、ユーザーインターフェースブラウザー、動画や音声の再生機能などを含む。→アンドロイド携帯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アンドロイド
円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場するロボット。異次元エージェント。初登場作品は『ウルトラマンA(エース)』。身長1.2メートル、体重80キログラム。ヤプール人が製作。河童超獣キングカッパーを操り人間の子供をかっぱ人間にしようと企む。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンドロイド【android】
〈人間に似たもの〉の意から転じて,SFでは人間そっくりに作られたロボットを指す語。最初にこの言葉が使われたビリエ・ド・リラダン未来のイブ》(1886)に登場するのはアダリーという精密な機械仕掛けの美女アンドロイドだが,金属製の労働ロボットと区別して有機的合成人間をアンドロイドと呼ぶ向きもあり,定義は明確でない。F.ラングの映画化で有名な《メトロポリス》をはじめ,現代社会の高度の合理性と柔軟な人間性との両立に起因する矛盾と悲劇性をアンドロイドに託した作品が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アンドロイド【android】
SF などに登場するロボットや人工生命体のうち、外見のほか、思考や行動なども人間同様であるものの称。 → ヒューマノイド

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンドロイド
オートマトン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンドロイド
Android
携帯電話スマートフォン向けのオペレーティングシステム OS。アメリカ合衆国のインターネット検索サービス会社グーグルが,リナックスをもとに開発した。グーグルは 2007年11月5日,サードパーティ製のアプリケーションをサポートする無料のオープンソースOSとしてのアンドロイドの開発と普及を目的として,インテルモトローラ,NVIDIA,テキサス・インスツルメンツ,LG電子,サムスン電子,スプリント・ネクステル(2013ソフトバンク〈→ソフトバンクグループ〉が買収),Tモバイル(ドイツテレコム)などの携帯電話会社と技術系企業による業界団体,オープン・ハンドセット・アライアンス Open Handset Allianceの設立を発表した。2008年10月22日には世界で初めてアンドロイドを搭載した携帯電話 T-Mobile G1がアメリカで発売された。アンドロイド搭載端末機器でグーグルでのインターネット検索,文書作成や表計算のアプリケーション,グーグルアース(衛星写真による地図ソフトウェア)といった機能を活用するには,第3世代(3G)以降の無線ネットワークが必須となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンドロイド
あんどろいど
android
ヒューマノイドロボット(人間型ロボット)の一種。ギリシア語のandrs(人間、男性)からの合成語である。ロボットには用途に応じてさまざまな姿をしたものがあるが、そのなかで姿かたちが人間に似ているものをいう。現在では非生物起源で機械仕掛けの人間型ロボットまで含めてアンドロイドとよぶ場合が多いが、本来は、化学的、生物学的に合成され、血と肉をもち、人間の姿かたちをした人造人間をさす。アンドロイドが登場する代表的な小説としては、シェリー夫人M. W. Shelleyの『フランケンシュタイン』(1818)、チャペックK. apekの『R・U・R(えるうーえる)(ロッサムの万能ロボット会社)』(1921)、のちに『ブレードランナー』(1982)というタイトルで映画化されたディックP. K. Dickの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』(1968)などがある。漫画の世界では手塚治虫(おさむ)の『鉄腕アトム』(1951)、平井和正原作、桑田二郎作画による『エイトマン』(1963)が代表的な作品である。映画では『ターミネーター』(1984)が有名である。アンドロイドはサイボーグと混同される場合があるが、姿こそ人間そっくりであるにせよアンドロイドはあくまでもロボットであり、人間の組織の部分が存在しない。したがって、同じように警官としての意識をもっていても、人間の頭脳をそのまま搭載している、映画『ロボコップ』(1987)の主人公ロボコップはサイボーグであり、電子頭脳に人間の記憶をそっくり移植したエイトマンはアンドロイドである。[新藤克己]
『黒崎政男著『哲学者はアンドロイドの夢を見たか』(1987・哲学書房) ▽エイミー・トムソン著『ヴァーチャル・ガール』(1993・早川書房) ▽黒崎政男著『となりのアンドロイド』(1998・NHK出版) ▽早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト編『人間型ロボットのはなし』(1999・日刊工業新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アンドロイド
〘名〙 (android) SFなどに登場する、人間そっくりに造られたロボット。人造人間

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンドロイド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンドロイドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.