Rakuten infoseek

辞書

アンドレア・デル・サルト

世界大百科事典 第2版

アンドレア・デル・サルト【Andrea del Sarto】
1486‐1530
ルネサンス末期のイタリアの画家。フィレンツェ生れ。本名アンドレア・ダニョロ・ディ・フランチェスコAndrea d’Agnolo di Francesco。ピエロ・ディ・コジモ,フランチャビジョFranciabigioに学ぶ。レオナルド・ダ・ビンチ,ミケランジェロ,ラファエロの美点を総合し,バザーリによって〈欠点なき画家〉と呼ばれた技巧派。代表作《アルピエの聖母》(1525)は,左右相称の構成,光と影にみちた彩色,表情のある人物など,ルネサンスの諸技法を総合した古典的作品であるが,《聖母被昇天》(1530)では,以上の諸要素を誇張して,マニエリスティックな激しさと破綻を示している(マニエリスム)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アンドレア・デル・サルト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンドレア・デル・サルトの関連情報

関連キーワード

シャンソン(フランス中世多声歌曲)バビロニアジョスカン・デ・プレタウングー朝ピコ・デラ・ミランドラルネサンス史(年表)サルトフィッシャー家ランベール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.