Rakuten infoseek

辞書

アントルメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アントルメ
entremets
本来はメインの肉料理とデザートの間に出る軽い料理のこと。アントルメのうち,甘味のものをアントルメ・シュクレと称して区別していたが,現在のアントルメはほとんど甘味のものとなった。いわゆる食後の菓子のことで,クッキーなどの干菓子は用いず,温かいプディングやベニエ,クレープ,冷たいプディングやブラマンジェ,ババロアなどの生菓子をさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アントルメ(〈フランス〉entremets)
西洋料理で、デザートに出る菓子類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

アントルメ【entremets(フランス)】
西洋料理、特にフランス料理で、デザートに出される菓子類。シャーベット・アイスクリーム・ババロアなどの冷菓、クレープ・スフレなどの温菓があるほか、ケーキやパイなども含まれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アントルメ【entremets】
西洋料理で、食事の最後に出される甘い菓子や果物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アントルメ
あんとるめ
entremetsフランス語
西洋料理で、昼食や夕食、または正餐(せいさん)の献立の終わりのほうにデザートコースとして供されるもの、今日では主として食後の甘味料理をさす。アントルメには冷菓と温菓の2種類がある。冷菓は体温以下の温度で供される菓子類で、たとえばゼリー、シャーベット、アイスクリーム、ムースなどである。温菓は体温以上の温度で供されるもので、たとえばプディング、スフレ、クレープ、パイなど種類も多い。最終のコースに供される料理として、とくに色彩や盛り方に創意工夫が望まれる。[小林文子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アントルメ
〘名〙 (entremets) 西洋料理の献立中、デザートの前に出る菓子類。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アントルメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アントルメの関連情報

他サービスで検索

「アントルメ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.