Rakuten infoseek

辞書

アンティゴノス[1世]

世界大百科事典 第2版

アンティゴノス[1世]【Antigonos I】
前382?‐前301
マケドニアアンティゴノス朝の祖。在位,前306‐前301年。〈モノフタルモス(独眼王)〉なる称号の由来は不明。アレクサンドロス大王の東征にコリントス同盟歩兵指揮官として出征。小アジアのフリュギア総督に任じられた。大王の死後アンティパトロスなどと帝国再編に参加,帝国東部を掌握,その子デメトリオス1世とともにギリシアにも勢力をのばす。彼らに対し,帝国の分割統治を狙うカッサンドロス(マケドニア),リュシマコス(トラキア),プトレマイオス1世(エジプト),セレウコス1世(バビロン中心)連合軍との間に前315年以降断続的に戦争が行われ,前307年カッサンドロスの勢力下にあったギリシアの中心アテナイを解放し,翌年キプロス島サラミス沖の海戦でプトレマイオスに勝ち,父子は帝国再建の意識を新たにして王号を称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アンティゴノス[1世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンティゴノス[1世]の関連情報

関連キーワード

包括通商法通商法301条包括通商・競争力法アンチゴノス1世通商法301条アメリカ通商代表部貿易戦争スーパー301条スーパー301条取調べ

他サービスで検索

「アンティゴノス[1世]」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.