Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

アンティオコス[3世]【アンティオコス】

世界大百科事典 第2版

アンティオコス[3世]【Antiochos III】
前243か242‐前187
シリア王国の王。在位,前223‐前187年。セレウコス2世の次子。衰退した王国の再建に乗りだし,第4次シリア戦争(前219‐前217)では,前217年ラフィアの戦でプトレマイオス4世に敗れ,意を果たさなかったが,東方に大遠征を行い(前212‐前205),アルメニア,パルティア,バクトリア,インドで宗主権を認めさせ,アラビアをへて帰還,〈大王〉と称された。さらにマケドニアフィリッポス5世とプトレマイオス朝領分割の密約を結び,第5次シリア戦争(前202‐前200)でシリア南部(コイレ・シリア)とフェニキアを奪回したが,小アジアの南・西岸を制圧しトラキアに歩を進めたところでローマと衝突,前190年のマグネシアの戦で決定的敗北を喫し,前188年アパメイア条約でトロス山脈以西の小アジアを放棄した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アンティオコス[3世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンティオコス[3世]の関連情報

関連キーワード

劉備劉備選挙犯罪参考人セレウコス3世フランシウム脅迫罪フランシウム劉禅取調べ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.