Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

アンティオキア

デジタル大辞泉

アンティオキア(〈ラテン〉Antiochia)
トルコ南部の小都市アンタキヤ古称。前300年ごろ古代シリア王国セレウコス1世首都として建設。のちエルサレムに次ぐ初代キリスト教会の中心地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンティオキア【Antiochia】
トルコ南部,ハテー県の県都。人口7万7400(1982)。アンティオキアはラテン語名で,古代ギリシア名はアンティオケイアAntiocheia。トルコ名はアンタキヤAntakya。地中海に注ぐオロンテス(アシ)河口から約30km上流の,シリアとの国境近くに位置する。現在は特産の綿やオリーブ油産業を営む地方の小都市にすぎないが,かつては政治・交易・宗教の中心として繁栄した。創建は前300年,セレウコス1世による。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

アンティオキア
(Antiochia) 紀元前三〇〇年頃セレウコス一世が建設した古代シリア、セレウコス朝時代の首都。パレスチナ以外では最初のキリスト教の中心地の一つ。トルコ中部の南端近くにある都市アンタキアの旧称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アンティオキア
Antiochia
シリア王国セレウコス朝の首都
トルコの南部オロンテス川に臨み,同名の都市16のうち最も有名。セレウコス1世が父の名アンティオコスを記念して建て,ヘレニズム時代・帝政ローマ期に繁栄した。また当市の教会は初期キリスト教世界における五本山の1つであり,教管区が置かれ,公会議も開かれて,キリスト教史上重要な位置を占めた。現在はアンタキヤ(Antakya)と呼ばれる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンティオキア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンティオキアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.