Rakuten infoseek

辞書

アンチパトロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンチパトロス
Antipatros
[生]前397頃
[没]前319頃
古代マケドニアの将軍,摂政 (在位前 334~323) 。フィリッポス2世に仕え,2世の死後,その子アレクサンドロス3世 (大王)マケドニア王位継承を助け,大王の東方遠征中マケドニア本国の統治を委託された。大王の死後,「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人となり,大王の異母兄フィリッポス3世アリダイオスと大王の死後生れた子アレクサンドロス4世を共同統治の王とし,自身は摂政となった。大王の死後,マケドニアとギリシア諸国は対立し,ラミア戦争に際しては,ギリシア同盟軍を破り,反マケドニアの指導者であったアテネを徹底的に押え,ペロポネソス諸島に親マケドニアの寡頭政府を樹立させた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンチパトロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンチパトロスの関連情報

関連キーワード

自白吟風アウグスティヌス(神学者)大日本史会計監査人石勒

他サービスで検索

「アンチパトロス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.