Rakuten infoseek

辞書

アンチセンス治療法【あんちせんすちりょうほう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンチセンス治療法
あんちせんすちりょうほう
anti-sense therapy
病気の原因になる遺伝子の働きを抑える人工遺伝子をつくって、病気を治したり、ウイルスなどの感染を抑える新治療法。1991年にアメリカのオハイオ大学チームがマウス実験で成功した。癌や自己免疫病、感染症でRNAが、タンパク合成を指令しようとすると、RNAにぴったりあう人工物質(人工遺伝子)が邪魔をし、病気の細胞の増殖をストップさせる。現在、アンチセンスDNAを確実に細胞内へ送り込むベクターの研究など、医薬化へ向け開発が進んでおり、エイズなどの治療に期待が高まっている。[田辺 功]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンチセンス治療法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンチセンス治療法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.