Rakuten infoseek

辞書

アンジャル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンジャル
Anjar
レバノン中部,アンティレバノン山脈のふもと,ビカー高地にある都市遺跡。古くから灌漑農業中心地として,また隊商路の中継地,交易地として栄え,8世紀初頭,ウマイヤ朝カリフ,ワリード1世がここを保養地としたことで,新たに都市計画がなされ,宮殿やモスク,公共浴場,住居などが次々に建てられた。 40の円塔が張出した城壁に囲まれた大きな長方形をなし,東西南北の壁の中央部分に設けられた大門を結ぶ2本の大通りによって4分割されていた。建物の壁面には,地震対策として煉瓦切石を交互に積重ねる工法がとられている。 1984年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンジャル(Anjar)
レバノン東部、レバノン山脈の麓、ベカー高原にある城塞都市の遺跡。ベイルートの東約50キロメートルに位置する。8世紀にウマイヤ朝のワリード1世により建設。城壁に囲まれ、ビザンチン様式の細い柱とアーチが残る宮殿のほか、モスク、公衆浴場、城門などの遺跡がある。1984年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解

アンジャル
1984年に登録された世界遺産(文化遺産)。レバノンの東部、レバノン山脈の麓のベカア平原にある城塞都市遺跡である。この都市は8世紀初頭に、ウマイヤ朝(661~750年)の第6代カリフ(ムハンマドの後継者の意で、全イスラムの最高指導者)、アル・ワリード1世の命により建設され、ダマスカスとベイルートを結ぶ交易ルートの中間点に位置することから繁栄した。城壁に囲まれ、その内部には、カリフの寵愛を受けた女性たちの第2宮殿、モスク、公共浴場などの跡が残されている。◇英名はAnjar

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンジャル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンジャルの関連情報

他サービスで検索

「アンジャル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.