Rakuten infoseek

辞書

アングロ・サクソン【あんぐろさくそん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アングロ・サクソン
あんぐろさくそん
Anglo-Saxons
民族大移動でブリタニア(グレート・ブリテン島)に移住した部族、アングル人Angles、サクソン人Saxonsの総称。ユトランド半島南部にいたゲルマン人で、シュレスウィヒ地方にアングル人、ホルシュタイン地方にサクソン人がいたといわれる。サクソン人はすでに3世紀ごろからエルベ川、ウェーザー川方面に出て、一部はライン川下流にまでも移動していた。アングル人も早くから南進してサクソン人と合流、混住して、よく似た文化、慣習をもっていた。5、6世紀にブリタニアに移住した者は、サクソン人と総称されたように、アングル人、サクソン人の区別なしに、指導力のある有力貴族のもとでそのたびごとに移住団を構成したものと思われる。彼らはウォーデン神を最高神とし、そのほかに軍神トールやティール、豊作と繁栄の神フレイ、フレイヤ女神などゲルマンの神々を信仰していた。ブリタニア移住後、ウォーデン神とイエスやマリアとの習合という形でしだいにキリスト教化されていった。移住後も、土地共同体所有を原則とし、一般自由民を基幹的階層とするメイズという血族共同体を単位として、有力な首長に指導され、主として河川沿いに開墾、定住していった。ベードン丘でブリトン人アンブロシウス・アウレリアヌスの反撃にあいウェールズへの西進を阻まれたが、イングランドの北、中部にはアングル系王朝のバーニシア、デイラ、マーシア、イースト・アングリア、南部にはサクソン系王朝のウェセックスサセックス、エセックスなどの王国を建設し、ジュート系のケント王国とともにヘプターキー七王国)時代の覇権を争った。[富沢霊岸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アングロ・サクソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アングロ・サクソンの関連情報

他サービスで検索

「アングロ・サクソン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.