Rakuten infoseek

辞書

アンギラ・モザンビカ【あんぎら・もざんびか】

知恵蔵mini

アンギラ・モザンビカ
ウナギ目ウナギ科に属する魚類の1種で、アフリカ東海岸を中心に分布。モザンビークウナギとも呼ばれる。主に欧州向けに輸出され、フランス料理での利用が多い。養殖用稚魚の不漁によるウナギの価格高騰のため、2012年より日本でも本格的に輸入が開始された。日本で一般的に消費されている「アンギラ・ジャポニカ」と種類は異なるが、食味は似ているとされる。
(2012-07-10)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンギラ・モザンビカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンギラ・モザンビカの関連情報

他サービスで検索

「アンギラ・モザンビカ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.