Rakuten infoseek

辞書

アンカー【アンカー】

デジタル大辞泉

アンカー(anchor)
船の錨(いかり)
リレーレースの最後の走者、または泳者
アンカーマン」の略。
登山で、ザイルでからだをつなぎ合った最後尾の者。また、その者のザイルの結び方。
《anchor escapementの略》時計の歯車にかみ合って、回転を調節する爪状の装置。アンクル。
アンカーボルト」の略。
文書作成ソフトなどで、本文中に挿入した図版を、特定の文や語句に関連づけておく仕組み。また、アンカーテキストのこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DBM用語辞典

アンカー【anchor】
ハイパーテキストで、他のページとリンクしているハイライト部、下線部、あるいはクリッカブル(クリックするとハイパーリンクする部分)になっている語句フレーズ、グラフィックのこと。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集

アンカー
HTMLの定義でサイト内におけるリンク端点。印をつけた宛先アンカーにジャンプする。

出典:(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あんかー【アンカー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あんかー【アンカー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アンカー【anchor】
いかり
リレーの最終走者・泳者。
アンクル(ancre)」に同じ。
綱引きで最後尾の人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンカー
Angkar; Revolutionary Organization of Cambodia
カンボジア語で組織を意味し,1975年4月カンボジアの共産勢力が勝利を収めたあとの同国最高指導機関。 70~75年の反ロン・ノル,反米闘争もすべてこの組織の指導によるものとされている。その最高指導者は,カンプチア共産党書記長ポル・ポトをはじめ,ヌオン・チェア,イエン・サリ,ソン・セン,キュー・サムファン,フー・ニムなどで,カンプチア共産党を中核にした革命組織の連合体。 77年9月のカンプチア共産党の公然化とともにその任務を終えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンカー
あんかー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンカー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンカーの関連情報

他サービスで検索

「アンカー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.