Rakuten infoseek

辞書

アロフェン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アロフェン
allophane
非晶質に近いカオリン族鉱物の一種。 SiO2・Al2O3nH2O 。比重 1.8~1.9。酸性火山灰軽石の陸上風化によって生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アロフェン【allophane】
火山灰土壌中にひろく存在する特有の粘土鉱物で,化学的にはシリカアルミナの比が1~2の範囲にある水和物(1~2SiO2・Al2O3・2.5~3H2O)。ながく非晶質と考えられてきたが,ケイ素アルミニウムが不完全ながら一定の結合をした準晶質ともいうべきもので,単位粒子は外径35~55Åの中空ボール状の立体構造をもつことがわかってきた。火山灰土壌に特有の性質(有機物の多量の集積,リン酸保持能の大きさ,pHにより荷電が変化する性質,土の軽さ)をもたらしている原因物質の一つである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アロフェン【allophane】
粘土鉱物の一。二酸化ケイ素・酸化アルミニウムの水和物。火山灰土壌中に広く存在。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アロフェン
あろふぇん
allophane
重要な粘土鉱物で、土壌中に広く分布する。化学式はnAl2O3・mSiO2・pH2Oで、nを1とするとmは1~2、pは2~3であるものが多いといわれている。温泉や地下水の沈殿物、火山岩、火砕岩(火山砕屑(さいせつ)岩)の分解物、金属鉱床の二次鉱物(この産状のものでは、鉄、マンガン、銅などの重金属を含むことが多い)として普通に産する。魚卵状、皮殻状でガラス塊のようにみえるものから、数十オングストローム程度の直径をもつ球形の粒子まである。名称は、吹管を用いると外観が変化するため、「異なってみえる」という意味のギリシア語に由来する。[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アロフェン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アロフェンの関連情報

関連キーワード

ナシメントミラ二酸化炭素吸収材料一酸化ケイ素(一酸化珪素)酸化ケイ素(酸化珪素)星間メーザー薄膜トランジスタラオス文学アユタヤ朝シャム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.