Rakuten infoseek

辞書

アレハンドロ-デ-フンボルト国立公園【アレハンドロデフンボルトこくりつこうえん】

世界遺産詳解

アレハンドロデフンボルトこくりつこうえん【アレハンドロ-デ-フンボルト国立公園】
2001年に登録された世界遺産(自然遺産)。キューバ東部のグアンタナモ州とオルギン州にまたがる国立公園で、カリブ海に面するバラコア山をはじめとする山岳地帯に総面積711.4km2のエリアを持つ。山岳地帯から海岸にかけて広がる自然が生み出した景観、海岸線に広がる珊瑚礁などが大きな魅力になっている。この公園の名前は、1800~1801年にかけてキューバを訪問したドイツ(プロシア)の博物学者・地理学者で探検家のアレクサンダー・フォン・フンボルトに由来するもの。彼の名前はこのほか、フンボルト海、フンボルト海流、フンボルトペンギンなどに残っている。フンボルトがこの地を訪れたのは、熱帯林が広がり、キューバ・ソレノドン(鼻先の長い食虫類に属する小型の哺乳類)など稀少生物が生息していたからといわれている。また、ここにはポリミタスという固有種のカタツムリも生息している。◇英名はAlejandro de Humboldt National Park

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレハンドロ-デ-フンボルト国立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレハンドロ-デ-フンボルト国立公園の関連情報

関連キーワード

アトリエ・ワン危機藤本義一みかんぐみ西沢立衛ハディド奈良美智黒沢清[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

「アレハンドロ-デ-フンボルト国立公園」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.