Rakuten infoseek

辞書

アレクセイ アルブーゾフ

20世紀西洋人名事典

アレクセイ アルブーゾフ
Aleksei Nikolaevich Arbuzov


1908.5.26 - 1986.4.20
ソ連劇作家
モスクワ生まれ。
1930年に処女戯曲「クラス」を発表し、愛情破綻に強く生き抜いた女性を描いた「ターニャ」(’38年)は社会主義建設の中の青年像を新鮮な手法で描き、ソヴィエト劇文学の代表作として、今も上演されている。自由奔放あな劇構成、叙情性をたたえた清新な劇形式の中に描き出された「イルクーツク物語」(’59年)で、名声を高めた。他に、「失われた息子」(’61年)などがある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクセイ アルブーゾフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレクセイ アルブーゾフの関連情報

関連キーワード

ジャーマン[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門今西祐行灰谷健次郎国木田独歩彗星・小惑星探査機スペースシャトル中川李枝子西谷啓治

他サービスで検索

「アレクセイ アルブーゾフ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.