Rakuten infoseek

辞書

アレクサンドロス[大王]【アレクサンドロス】

世界大百科事典 第2版

アレクサンドロス[大王]【Alexandros】
前356‐前323
マケドニア王国の王。在位,前336‐前323年。アレクサンドロス3世とも呼ばれる。アルゲアス王家のフィリッポス2世と西隣モロシア王家出身の妃オリュンピアスとの間に生まれ,前336年即位,2年後東方遠征のにつき,アケメネス朝ペルシア帝国を滅ぼして中央アジア,インド北西部にいたる広大な世界帝国を実現したが,その活動は内治・外征の両面未完のまま,前323年32歳でバビロンに病没した。彼の東征と大帝国の建設を機として,東西に活発な文物交流の場がひらかれ,豊かな世界文化の時代――〈ヘレニズム〉時代がはじまった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アレクサンドロス[大王]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレクサンドロス[大王]の関連情報

関連キーワード

フィリッポス2世フィリッポスフィリッポス[2世]フィリッポスアルセスアレクサンドロス3世(大王)マルクスアレクサンドロス(マケドニア王)マケドニア王国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.