Rakuten infoseek

辞書

アレクサンドロス(大王)

旺文社世界史事典 三訂版

アレクサンドロス(大王)
Alexandoros
前356〜前323
マケドニアの王(在位前336〜前323)で,ヘレニズム時代の創始者。英語名はアレクサンダー(Alexander)
フィリッポス2世の子。13歳から3年間アリストテレスの教えを受け,ギリシア文化に尊敬の念を抱いた。母をしりぞけた父と不和となる。父の暗殺後,20歳で即位,全ヘラスの盟主となり,反抗したテーベを完全に破壊して市民を奴隷にした。前334年,3万5000の兵力を率いてアケメネス朝への報復戦争を起こし,小アジアでグラニコスの戦い,イッソスの戦いに勝ち,ギリシア諸都市を解放した。エジプトを征服してアレクサンドリアを建設し,さらに北進して前331年,アルベラ(ガウガメラ)の戦いでダレイオス3世を決定的に撃破し,ペルセポリスを炎上させた。ここでコリント同盟軍を解散し,軍を再編成して北東部に向かい,ソグディアナを征服。前327年インドに侵入したが,兵士が終結なき征服への従軍を拒否し,ついに大王も諦めてスサに帰還した。ここでソグディアナの王女ロクサーネ,ダレイオス3世の王女スタチラを妃とし,将兵1万余をイラン女性と集団結婚させ,ペルシア風の拝跪 (はいき) の礼を採用し,ギリシア諸都市には大王神格化の王令を発布した。ここに空前の専制帝国が出現し,コイネー(共通語)を用いてギリシア文化を広め,ヘレニズム世界を成立させた。前323年6月,突如熱病にかかって急逝した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクサンドロス(大王)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレクサンドロス(大王)の関連情報

関連キーワード

アレクサンドロス[大王]アレクサンドロス3世(大王)ユークリッドの互除法アレクサンドロスアレクサンドロスインド洋自己取引ポルシェラミア戦争デマデス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.