Rakuten infoseek

辞書

アレクサンドル

デジタル大辞泉

アレクサンドル(Aleksandr)
(1世)[1777~1825]ロシア皇帝。在位1801~1825。ナポレオンモスクワ遠征を失敗させ、ウィーン会議では神聖同盟を提唱。
(2世)[1818~1881]ロシア皇帝。在位1855~1881。ニコライ1世の長男。農奴解放令発布など自由主義的改革を行ったが、のち反動化した。アラスカを米国に売却、日本とは千島列島を樺太(からふと)(サハリン)と交換。ナロードニキのメンバーに暗殺された。
(3世)[1845~1894]ロシア皇帝。在位1881~1894。の次男。皇帝専制を行った。フランスと同盟を結び、バルカンに進出。フランス資本を導入して、シベリア鉄道の建設に着工し、ロシア資本主義の発展を図った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あれくさんどる【アレクサンドル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アレクサンドル【Aleksandr】
ロシアの皇帝。
(一世)(1777~1825)(在位1801~1825)。ナポレオン軍を退却させ、ウィーン会議で神聖同盟を結んだ。
(二世)(1818~1881)(在位1855~1881)。農奴解放令をはじめ地方自治・裁判・軍制などの改革を断行、南進を企てロシアトルコ戦争に勝利。ポーランドの反乱以後は苛酷かこくな弾圧政治に転換、暗殺された。
(三世)(1845~1894)(在位1881~1894)。革命運動の抑圧・地方自治の制限など反動政策を進め専制を強化。フランスと同盟し、その資金を導入してシベリア鉄道を起工、資本主義発展の道を開く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アレクサンドル
(Aljeksandr)
[一] (一世) ロシア皇帝(在位一八〇一‐二五)。二度の対仏戦争に敗れたが、ナポレオンのモスクワ遠征を失敗させる。戦後神聖同盟の盟主。(一七七七‐一八二五
[二] (二世) ロシア皇帝(在位一八五五‐八一)。ニコライ一世の長子。農奴解放令を発布し、ツァー体制の近代化を推進。アラスカをアメリカに売却し、千島列島と樺太(からふと)を日本と交換した。のち、弾圧政治を行ない、暗殺された。(一八一八‐八一
[三] (三世) ロシア皇帝(在位一八八一‐九四)。貴族の特権の復活、検閲強化、教育統制、ユダヤ人圧迫など一連の反動政策を推進。(一八四五‐九四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクサンドル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレクサンドルの関連情報

関連キーワード

産業革命史(年表)加藤美樹小糸佐七物蕪村ズーフ沼波弄山シェリダンハーキマー

他サービスで検索

「アレクサンドル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.