Rakuten infoseek

辞書

アレキーパ市歴史地区【アレキーパしれきしちく】

世界遺産詳解

アレキーパしれきしちく【アレキーパ市歴史地区】
2000年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ペルー南部の同国第2の都市で、羊毛集散地のアレキーパに位置する。町の建物が、近郊で採れる白い火山岩で造られていることから、「白い町(シウダー・ブランカ)」とも呼ばれる。2001年にマグニチュード8.1の大地震が起きた際には、大聖堂などに大きな被害が出た。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はHistorical Centre of the City of Arequipa。アレキーパの名は、この町を建設したインカ帝国第4代皇帝のマイタ・カパックが言ったという「ここへ住みなさい」という意味のケチュア語に由来する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレキーパ市歴史地区」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレキーパ市歴史地区の関連情報

関連キーワード

星図自動車電話よしもとばなな奈良美智2000年問題プーチンシャキール オニール2000年問題青木淳岡本太郎

他サービスで検索

「アレキーパ市歴史地区」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.