Rakuten infoseek

辞書

アル-ヒジュル古代遺跡〈マダイン-サーレハ〉【アルヒジュルこだいいせき】

世界遺産詳解

アルヒジュルこだいいせき【アル-ヒジュル古代遺跡〈マダイン-サーレハ〉】
2008年に登録されたサウジアラビアの世界遺産(文化遺産)。マダイン・サーレハは、中東の国サウジアラビア領内にかつてあった古代都市。その都市遺跡が同国北西部のヒジャーズ北部にあり、サウジアラビア初の世界遺産となっている。この町は「アル-ヒジュル(岩だらけの場所)」とも呼ばれていた。古代には、この都市にはナバテア人などが住んでいた。この都市遺跡は、装飾された外壁が保存された墓石群を中心に、ナバテア人たちが暮らしていた紀元前1世紀から紀元1世紀頃のものが中心。ナバテア人の考古遺跡としては、ヨルダンのペトラに次ぐ規模である。◇英名はAl-Hijr Archaeological Site (Madâin Sâlih)

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アル-ヒジュル古代遺跡〈マダイン-サーレハ〉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アル-ヒジュル古代遺跡〈マダイン-サーレハ〉の関連情報

関連キーワード

日本電信電話(株)採石業登録記念物アレクサンドル オベチキンパヴェル ダツック雇用三星グループグーグル白川方明[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

「アル-ヒジュル古代遺跡〈マダイン-サーレハ〉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.