Rakuten infoseek

辞書

アルミ青銅【アルミせいどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルミ青銅
アルミせいどう
aluminium bronze
アルミニウム Alを5~12%含む銅合金。強靭で耐食性,耐摩耗性がよいので,車両機械,化学工業用に応用が広い。 Alが約 10%まではα固溶体合金で,冷間で鍛造,圧延できるが,Alが 10%以上になると硬い β' 相 (金属間化合物 AlCu3 ) が析出し,それがさらに硬い γ' 相 ( Al4Cu9 ) を含む組織に共析するので,冷間加工ができなくなる。これをアルミ青銅の自己焼鈍効果といい,大型鋳物の徐冷過程で著しい難点である。実用合金では鉄,マンガンニッケルなどを少量添加してこれを防ぐ。ハイアルブロンズ (HB) 合金,アームズブロンズ (AMB) 合金がこれで,鋳物として船舶用プロペラに用いられる。また Alが5%のものは色沢が金に似ているので,美術鋳物,箔,粉などに模造金として使われる。本物の金を5%程度加えたものは一層よい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アルミせいどう【アルミ青銅】
銅合金の一。銅と15パーセント以下のアルミニウムとからなる。普通、5~12パーセントのアルミニウムのほかに、少量の鉄またはニッケル・マンガンを含む。美しい金色で、圧延などの加工が容易。硬く腐食しにくい。機械部品・船舶部品に利用。偽金ぎきん。アルミ金。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルミ青銅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルミ青銅の関連情報

他サービスで検索

「アルミ青銅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.