Rakuten infoseek

辞書

アルミ箔【アルミハク】

デジタル大辞泉

アルミ‐はく【アルミ×箔】
アルミニウムを紙状に薄く延ばしたもの。薬品食品包装などに用いる。アルミホイル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アルミはく【アルミ箔】
アルミニウムを薄く平らに延ばしたもの。食品・薬品の包装用材料などに利用。アルミニウム箔。アルミホイル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルミ箔
あるみはく
アルミニウムおよびその合金の箔をいう。日本工業規格(JIS(ジス))では厚さ200マイクロメートル以下のものを箔という。高速4段圧延機で圧延してつくる。厚さにより用途が異なる。アルミ箔は純度によっても用途が異なり、99.3%以上のものは装飾、建材、包装用などもっとも一般的に用いられ、マンガンを添加したものは容器やフィンfin(配管、機械類などに用いるひれ状の金属板)材に、99.7%以上のものはおもに電線被覆用に、99.9%以上の高純度アルミ箔はほぼ電解コンデンサー陽極用のみに限られている。[志村宗昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルミ‐はく【アルミ箔】
〘名〙 アルミニウムの板を圧延して箔状にしたもの。通常は円筒状に巻いておき、食品など、物を包むために使う。アルミホイル。
※秋風と二人の男(1965)〈庄野潤三〉一「グラタンをつくる時に使うアルミ箔の入れ物を取り出した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルミ箔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルミ箔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.