Rakuten infoseek

辞書

アルマニャック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルマニャック
Armagnac
フランス南西部,アキテーヌ盆地南部の旧地方名。現在はジェール県に属す。旧アルマニャック伯領で,百年戦争中,アルマニャック派の拠点となり,イギリスやブルゴーニュ派と戦った。 1607年,アンリ4世に帰属。ガロンヌ川,ジェール川などの扇状地が連なり,ブドウコムギ,トウモロコシ栽培が盛ん。特に白ブドウからつくるアルマニャック (ブランデー一種) は有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルマニャック(〈フランス〉armagnac)
フランス南西部のアルマニャック地方産のブランデー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アルマニャック
 白ワインから作られるブランデーで,フランスのアルマニャック地方で作られる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルマニャック【armagnac[フランス]】
フランス南西部,ガロンヌ川上流域に位置する同名の地域に産出するブランデー。原産地呼称統制法(アペラシオン・コントローレ)による名称で,コニャックと並ぶ評価を受けている。アルマニャックについては1411年の記録があり,はじめは医薬用に使われていたらしいが,18世紀には飲用に供されている。原料ブドウはフォールブランシュ変種のピクプールや,サンテミリヨン,コロンバールなどであるが,コニャックがポットスチルで2~3回蒸留してアルコール分70%ほどにするのに対し,現在のアルマニャックは独特の連続式蒸留機による1回の蒸留でアルコール分63%以下のものを採って終わる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルマニャック【armagnac】
フランス南西部の旧アルマニャック地方で造られるブランデー。一般にコニャックより辛口。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

アルマニャック【armagnac(フランス)】

フランス南西部のアルマニャック地方でつくられるブランデー。「アルマニャック式蒸留機」と呼ばれる独特の方式の蒸留機で1回蒸留する伝統的な製法が採用されている。コニャックにくらべ、一般に辛口で濃厚な風味をもつ傾向があるが、1972年以降、コニャックに用いる「シャラント式蒸留機」(シャラントはコニャック地方を流れる川や、コニャック市のある県の名)と呼ばれる単式蒸留機で2回蒸留する製法も承認され、この製法のものをブレンドしたものも製造されるようになり、風味の幅が広がった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルマニャック
〘名〙 (armagnac) フランス南西部のアルマニャック地方産のブランデーの総称

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルマニャック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルマニャックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.