Rakuten infoseek

辞書

アルマナック

デジタル大辞泉

アルマナック(almanac)
暦(こよみ)。年鑑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あるまなっく【アルマナック】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

アルマナック【almanac】
ヨーロッパの伝統的な生活暦。日の出や日没時刻・月相・聖人祝日・祝祭などのほか、重要な歴史的事件や俚諺りげんも記載されている。
年鑑。イヤー-ブック。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

アルマナック
暦.転じて年鑑.英国や北欧諸国で中世まで使用された棒暦(clog almanac)が起源とされる.棒状の角材に天体の運行を記録したものである.インキュナブラ時代から印刷され,地中海方面では航海暦(nautical almanac)が広く供給された.占星術による予言(practica)の付加が支配者の不興を買い,発売禁止処分さえ生じたが,普及を抑えられなかった.ヨーロッパ諸国の王家貴族の系譜や各国人口や軍備の統計を収めたAlmanach de Gothaが1764年に出現して上流社会に流行したが,Whitaker’s Almanackが1869年に創刊されて市民社会の情報便覧として好評を得た.今日ではyearbookと書名上の区別しかない.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルマナック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルマナックの関連情報

他サービスで検索

「アルマナック」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.