Rakuten infoseek

辞書

アルベド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルベド
albedo
物体表面で反射される割合天文学において,惑星準惑星衛星小惑星の反射の特性を表現するのに用いられる。アルベドは,通常アルベドとボンドアルベドの2種類に分けられる。通常アルベドは,通常反射率とも呼ばれ,ある表面に垂直方向から照射され測定された際の輝度の相対的な値をいう。たとえば,雪の通常アルベドはほぼ 1.0であるが,木炭は 0.04である。衛星や小惑星の表面組成を決める際には通常アルベドの観測を用い,アルベド,直径,天体までの距離を総合して天体の輝度が決められる。かりに,準惑星のケレスや小惑星のベスタが等距離にあるとすると,ベスタが約 10%だけ明るくなる。ベスタの直径はケレスの半分以下であるが,ベスタはアルベドが 0.35であり,ケレスのアルベドは 0.09なので,ベスタが明るく見える。入射する太陽光に対して惑星が反射する割合として定義されるのがボンドアルベドであり,惑星のエネルギー収支で決まる。ボンドアルベドの名称は,アメリカ人天文学者ジョージ・P.ボンドが,1861年に太陽木星の明るさの比較を行なったことにちなんでつけられた。ボンドアルベドの値は,全波長領域で定義されるため,入射する放射スペクトルに依存する。地球のボンドアルベドを決めるのには地球を回る人工衛星が使われ,最新の値は 0.33である。ほとんど大気をもたず雲もない月のボンドアルベドは 0.12,濃い雲に覆われている金星は 0.76である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルベド(albedo)
惑星衛星に入射する太陽光のエネルギーと、反射光のエネルギーとの割合。一般に大気が多いほど大きく、地球は0.30、月は0.07。反射能
柑橘類果実の皮にある、白い繊維状の組織。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アルベド
 ミカン内果皮外果皮中間の中果皮.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルベド【albedo】
物体の表面に入射した光は,一部は物体に吸収され,残りはいろいろな方向に反射される。この場合の入射光と反射光のエネルギーの比をアルベドまたは反射能という。理想的な鏡面は入射光を完全に反射するのでアルベドは1,黒体は完全に吸収してしまうのでアルベドは0である。(1)天文学では,惑星などの表面が太陽光を反射する度合を表すのに用いる。細かくみれば,同一惑星でも表面の場所によってアルベドが異なり,地球では森林は0.05,砂漠は0.25,海は0.03~0.1,新雪におおわれた地域は0.8であるが,通常は大気を含めた表面全体から外へ出ていく光の総量を反射光として計算する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルベド【albedo】
任意の面に入射した太陽エネルギー(日射量)に対する、その面が反射した太陽エネルギー(反射日射量)の割合。惑星の面のように各部で異なる場合は平均値で示す。例えば、地球全体のアルベドは30パーセント。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルベド
あるべど

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルベド
〘名〙 (albedo) 入射してくる放射のうち、どれだけが反射されるかを百分率をもって示したもの。可視光線に対し、緑の森林のアルベドは三~一〇パーセント、新雪は八〇~八五パーセントである。反射率ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルベド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルベドの関連情報

他サービスで検索

「アルベド」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.