Rakuten infoseek

辞書

アルフォンソ(6世)【あるふぉんそ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルフォンソ(6世)
あるふぉんそ
Alfonso
(1040―1109)
レオン・カスティーリャ王(在位1065~1109)。父フェルナンド1世からレオン王国を継承(1065)したが、兄サンチョ2世の死後はカスティーリャ王も兼ねた(1072)。十字軍運動に象徴される興隆期の西ヨーロッパとの交流を重視、このためにクリュニーの修道士たちを歓迎し、また道路や宿泊所を整備してヨーロッパ各地から訪れるサンティアゴ・デ・コンポステラへの巡礼の便宜を図った。他方、レコンキスタ(国土回復戦争)では武力よりも錯乱外交と経済的締め付けによってアル・アンダルス諸国の疲弊を策し、1085年にはついにかつての西ゴート王国の首都トレドをイスラムから奪回した。だが、この事態に危機感を抱いたイスラム側が北アフリカからの来援を頼んで大反攻に転じたために、南北の武力衝突は以後2世紀半にわたってもっとも激烈な様相を呈する結果となった。アルフォンソ6世の名を有名にしたもう一つは、兄サンチョの筆頭家臣エル・シッド(シード)との不幸な確執である。従来、武勲詩『わがシッドの歌』の主人公となった後者の徳を賞賛するあまり、アルフォンソは狭量な主君とみられがちであったが、王としての力量は十分に備えていた。[小林一宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルフォンソ(6世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルフォンソ(6世)の関連情報

関連キーワード

治暦成田空港の閣議決定と基本計画康平治暦新猿楽記本朝文粋福本豊帥記ダイムラー・ベンツ[会社]ハインリヒ[4世]

他サービスで検索

「アルフォンソ(6世)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.