Rakuten infoseek

辞書

アルファルファ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルファルファ
Medicago sativa; alfalfa
マメ科の多年草で,ヨーロッパ原産。ムラサキウマゴヤシの和名もある。乾燥地,寒冷地などで多量の収穫をあげる牧草として有名である。日本には明治の初期に輸入された。高さ 30~90cm,葉は互生し,3小葉から成り,小葉は長さ2~3cm,幅6~10mmの長楕円形。花柄の先端に総状花序をつけ,夏から秋に淡紫色の小蝶形花を多数開く。根が深く,よく乾燥に耐える。栄養,ビタミン類も豊富で牧草としては特にすぐれ,また緑肥として土地の改良にも効果がある。芽生えたばかりのものは食用にもされる。同類のものにウマゴヤシ,コウマゴヤシ,コメツブウマゴヤシがあり,いずれもヨーロッパからの帰化植物である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルファルファ(alfalfa)
マメ科の多年草。高さ30~90センチ。葉は3枚の小葉からなる複葉で、縁にぎざぎざがある。夏、淡紫色の蝶形の花が多数咲く。最古の飼料作物の一。もやしはサラダなどにして食べる。ルーサン。むらさきうまごやし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アルファルファ
 [Medicago sativa].マメ目マメ科ウマゴヤシ属の多年草で,タンパク質,ビタミンAキサントフィルなどに富む牧草.モヤシはサラダにする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルファルファ【alfalfa】
アメリカではアルファルファと呼ばれるが,ヨーロッパではルーサンlucerneと呼ぶ(イラスト)。植物分類上はMedicago sativa L.,M.media Pers.,M.falcata L.などである。古くからペルシア地方で飼料とされた。日本には江戸時代末期に伝来したが,牧草としての栽培は明治以降で,おもに北海道で定着した。マメ科の多年草で,葉は3枚の小葉からなり,草丈は1mほどになる。M.sativaは和名をムラサキウマゴヤシと呼び,紫色の花をつけ紫花種ともいい,暖かい地方に多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルファルファ【alfalfa】
マメ科の多年草。西アジア原産。栄養に富む良質の飼料作物。日本には明治初年にアメリカから渡来。葉は三小葉に分かれ、夏、淡紫色の蝶形花をつける。芽生えたばかりのものをサラダなどにして食す。ムラサキウマゴヤシ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルファルファ
あるふぁるふぁ
alfalfa
マメ科の多年草で、栽培された最古の飼料作物といわれる。アルファルファの名はペルシア語の「最良の草」を意味することばからきており、アメリカや日本ではこの名を使うが、ヨーロッパではルサーン(lucerne)とよぶ。原産地は中央アジアで、古くから栽培されていたペルシアから紀元前5世紀にギリシアに伝わり、地中海沿岸に広まった。日本には江戸時代末期に渡来したがほとんど広まらず、明治時代初期に牧草として、アメリカから導入した品種が北海道を中心に定着した。茎は直立し、高さ0.5~1メートルに達し、多くの分枝がある。葉は3枚の小葉からなる複葉で、葉柄の基部に細い披針(ひしん)形の托葉(たくよう)がある。夏に、上部の葉腋(ようえき)から花柄が伸び、数個から20個ほどの蝶形花(ちょうけいか)をつける。
 アルファルファは大きく3種に大別されるが、種により花色も異なる。暖かい地方に多いムラサキウマゴヤシMedicago sativa L.は紫色の花をつける。コガネウマゴヤシM. falcata L.は黄色の花をつけ、黄花種アルファルファともよばれ、寒さに強く北海道に適している。雑色アルファルファM. media Pers.は前2種の雑種で、東北地方に多い。いずれも根は数メートルの深さにまで伸び、乾燥に強く、日当りと水はけのよい土地を好む。
 おもに乾草として、また放牧草、サイレージとして利用されるが、タンパク質やミネラル、ビタミン類が豊富で飼料価値が高い。芽生えたばかりのものをアルファルファもやしとよび、生鮮野菜として食用にされる。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルファルファ
〘名〙 (alfalfa) マメ科の多年草植物、ムラサキウマゴヤシのこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルファルファ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルファルファの関連情報

他サービスで検索

「アルファルファ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.