Rakuten infoseek

辞書

アルビ司教都市【アルビしきょうとし】

世界遺産詳解

アルビしきょうとし【アルビ司教都市】
2010年に登録された世界遺産(文化遺産)。フランス南西部、タルン川流域に位置する旧市街。サンサルヴィ地区とそこに建つ教会、また古い橋などは、この地区が10~11世紀に発展を開始したことを示す。その後13世紀には異端のカタリ派を制圧したアルビ十字軍によって、都市としての力を増していった。赤やオレンジ色のレンガによって13世紀後半から建造された大聖堂は、南フランス独自のゴシック様式。要塞のような堅牢さと、町を見下ろす威容は、権力を取り戻したローマカトリック教の権勢を感じさせる。その近くには司教のための広大なベルビー宮殿があり、中世から続く住宅地に囲まれている。何世紀にもわたって歴史的様式が保存されており、整然とした景観が守られている。◇英名はEpiscopaL City of Albi

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルビ司教都市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルビ司教都市の関連情報

関連キーワード

愛知県の要覧青森県の要覧秋田県の要覧石川県の要覧茨城県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大分県の要覧大阪府の要覧沖縄県の要覧

他サービスで検索

「アルビ司教都市」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.