Rakuten infoseek

辞書

アルバート効果

法則の辞典

アルバート効果【Albert effect】
露光量を大きくして撮影したフィルムを現像する前に,クロム酸などで処理して表面残像を除去したのち,散光で全面露光処理してから表面現像をすると,ポジ像が得られるが,このような像反転のことをアルバート効果と呼んでいる.原因は,第一回目の露光で生じた内部潜像が,第二回目の露光での表面潜像の形成を妨げることによると考えられている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルバート効果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルバート効果の関連情報

他サービスで検索

「アルバート効果」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.