Rakuten infoseek

辞書

アルハンブラ宮殿【アルハンブラきゅうでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルハンブラ宮殿
アルハンブラきゅうでん
Alhambra
スペイン,グラナダ東方の丘に建つ,スペインにおける最後のイスラム政権ナスル朝の王宮。アルハンブラは「赤い城」を意味するアラビア語が転訛したもの。現存する宮殿の大部分はユースフ1世 (在位 1333~54) とその子ムハンマド5世 (在位 1354~91) の治世に造営された。現在は一連の宮殿となっているが,本来は「天人花 (ミルト) の中庭」を中心とする部分と,「獅子の中庭」を中心とする部分とはそれぞれ別個の独立した宮殿であった。ほかにも宮殿の建物はあったが,完全な形で残っているのはこの2部分のみである。スペインにおけるイスラム王朝文化の最も爛熟したかたちを示しており,諸室の壁面を覆う多彩なスタッコ細工および彩釉タイルによる豊麗な装飾は人工美の極致を示し,また静水面と草花と低木,あるいは大小の水盤と明渠などをモチーフとした中庭 (パセオ) は,庭園と建築との完全な調和を創造するイスラム庭園文化の真髄を示している。 1984年ヘネラリーフェ離宮アルバイシン地区とともに,世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルハンブラ‐きゅうでん【アルハンブラ宮殿】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

アルハンブラ宮殿
アルハンブラ宮殿は、イベリア半島ムスリムの勢力圏内にあった時代に建設された壮麗な宮殿です。スペインのグラナダにあり、13世紀のアルアマール王によって建設されてから、歴代の王によって拡張されました。宮殿と呼ばれているものの城塞の性質も備えており、中に住宅、官庁、軍隊、厩舎モスク、学校、浴場墓地、庭園といったさまざまな施設を備えています。ベラの塔を抱くアルカサバや、16世紀のスペイン・ルネッサンスを代表するカルロス5世の宮殿。池と緑、花を配したパルタルの庭園など、多くの見どころがあります。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

あるはんぶらきゅうでん【アルハンブラ宮殿】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界の観光地名がわかる事典

アルハンブラきゅうでん【アルハンブラ宮殿】
スペイン南部のアンダルシア地方、グラナダ(Granada)市街南東部の丘の上に立つ古城。グラナダは8世紀に入植したムーア人によってつくられ、13~15世紀末までイベリア半島最後のムーア人の王朝(ナスル朝)の都が置かれ、洗練されたイスラム文化が花開いた。その文化の最高傑作とされているのがこの宮殿である。カトリック教徒のレコンキスタにより、グラナダは陥落し、その後、アルハンブラはスペインの城となった。現在のアルハンブラ宮殿は王宮、カルロス5世宮殿、アルカサバ、ヘネラリフェの4つから構成されているが、かつてのイスラムの宮殿の部分も、そのまま残されている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルハンブラ宮殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルハンブラ宮殿の関連情報

他サービスで検索

「アルハンブラ宮殿」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.